絵本作家藤本ともひこホームページ

 
 

●最新情報はいつも、このtop pageに掲載します。ブックマークするなら、このページか、ブログです。またtwitterは、よりタイムリーな情報を提供していきます。でも、基本つぶやきですから、そうでないときもありますよ。あしからず。講演依頼の参考には「STAGE」のページをご覧下さい。

●Eテレ「いないいないばあっ!」バケッパとパッパ登場の人形劇はほぼ金曜日の放送です。「あーそぼ!」のコーナーのBGMも担当しています。20周年の節目の年から番組に関わり出したのも何かの御縁を感じます。朝8:25と16:05放送。ぜひ!

 

     welcome! 

ここで、いろんな楽しい情報を

みつけてくださいね。

絵本

童話

あそびうた

保育あそび

造形あそび

作詞

紙芝居

●好評のあそびうた「ねこときどきらいおん」収録のDVDやCDなど関連作品は、広くweb shopで手に入れることができます。また、絵本にもなりました。絶賛発売中です。Eテレ「おかあさんといっしょ」でも、ときどき放送されるので、みてみてください。お楽しみに。YouTubeでもタイトル検索でわたくしの読み聞かせがご覧いただけます。

[ねこときどきらいおん情報]

●講演・ライブ・研修会・執筆のご依頼は、いまのところ、こちらのTwitterのダイレクトメールへお願いいたします。そのほか、講談社、すずき出版にお問い合わせください。

●HKT48のニューシングルCD「最高かよ」のDVDの特典映像に出演しました。typeCのDVDだけですが「団結修学旅行3」の絵日記講座の講師をしました。その絵の指導の様子が、かなりきちんと収録されています。ファンのみなさんからすると「なんだ!このおっさん」とおもわれるかもしれなくて恐縮ですが、これがなかなかいつものこどもたちとの造形指導にも通じるところがあります。保育士・幼稚園の先生も買いです。是非、見て下さい。「バナーナ!」もHKTのみんなに、おおうけでしたぜ。1600円税込み。ユニバーサルEMI。

●絵本「なんでだろう」世界文化社刊。作はテツandトモ。ぼくの大好きなネタであり、すでに国宝級の芸である「なんでだろう」を絵本化!お笑いを清く正しく綺麗に絵本にしてみました。そしてなにより「なんでだろう」ってことを、こども時代にたくさん思うことって大切だと思っています。未来を作るこどもたちに、手渡したいメッセージでもあります。

●絵本「さかあがり」世界文化社刊。作は佐藤弘道。ひろみち兄さんです。こどもの運動に関わる中で、気付いたことを絵本にしたいっていう思いに、協力させていただきました。弘道さんの、遊び心も満載の絵本。「さかあがりは。できなくたっていい。からだを動かすことが、楽しいのが一番大切」っていうのが、メインコンセプトです。

●絵本「でんしゃにんじゃ」交通新聞社刊。作と絵藤本ともひこ。でんしゃ好きも、忍者好きもお待ちどうさま。だじゃれ好きにも、笑っていただけるんじゃないかしら。

●声に出して読みたい絵本「おばきゃー!」世界文化社は、遊べる絵本。こどもたちを,びっくり笑って楽しむのです。さあ!読んじゃってください!

●おもちゃみたいな絵本「つみきでんしゃ」交通新聞社は、012歳の遊べる絵本。345歳も笑ってます。楽しみ方はいろいろあるわけです。

●新作絵童話「大どろぼうジャムパン」内田麟太郎作/藤本ともひこ絵。できました!内田先生からの絵のご指名です。そりゃ描いちゃいます。そして現在第2巻を製作中!本邦初のハードボイルド童話だど!文研出版より。おたのしみに!

●保育園に通い続けて17年。毎年、卒園に立ち会いつつ思ったことを、絵本にしてみました。保育園に足を突っ込んだ絵本作家としては、作っておきたかったのです。絵はこれぞという方に頼みたかった。引き受けていただいたのは村上康成さん。絶賛発売中です。

●声に出して読むと真価を発揮するという絵本「バナーナ!」だまされたとおもって、こどもの前で読んでみて下さい。みんなケタケタ笑いまっせ!これほんとの話。ちなみにYouTubeでは公式にぼくが読み聞かせ歌っております。ちょっとおためしあれ。講談社1000円税別。