Home > ブログ > 2020秋冬

ブログ

2020秋冬

コロナ禍の絵本作家の日々

115C6C70-907C-4A10-8860-FA5D3379A055.jpeg

今年の初めは、ようやく重い腰を上げて、高尾山から、山歩きを始めた。のだけれど、コロナ禍により、ちょっと、おこもりな日々になった。そこで、始まったのが「マンガ」だった。Eテレの浦沢直樹さんの慢勉という、漫画家の筆先を見せてくれる番組の影響も大きいけれど。そもそも、絵本を描こうと思ったときにも、マンガのことからは離れられず、いや、むしろ、それを取り込めないかと、スタートしたのだ。2020年の秋冬になっても。だからそれは続いている。もう少し、お見せできる情報や、画像が用意できたら、ここで紹介していきたい。

とはいえ、その一部は、すでに描いた。内田麟太郎さん原作の「大どろぼうジャム・パン」の第4巻は、もうなんだか、マンガ表現で描いた。麟太郎さんは「絵の、物語へののめり込みに、オー!となっています」なんてブログに書いてくれた。童話に、思いっきりパッションを持ち込みたかった。童話なのに、なかなかなハードボイルドなストーリーのジャム・パンのシリーズは、挿絵的にちょっと冷めた感じの絵の立ち位置より、漫画という感情をのせやすい表現が合うと思ったからだが。4巻ともなると、やりたい放題に描いている。それを受け入れてくれる、内田さんには、本当にいつも感謝です。

  2020/11/16  tanukiss